labo. エルメス手帳の使い方

エルメス手帳をこよなく愛し、時々海外ドラママニア。大人らしく、都会で自由に暮らす。エルメス手帳の使い方を日々研究中。

第12回手帳会議:エルメス手帳はカバー選びで楽しむべき(好きな色や素材で自分が大好きなものを持ち歩く)

f:id:mylife-style:20190102234206j:plain

エルメス手帳大好きな私の醍醐味は、間違いなく「カバー選び」です。素材・色・サイズ・仕様・・・誰にも邪魔されず、自分の好みだけで選び、勝手に満足する。それがいいのです。だいたいこの時期になると毎年コレクションしてきたカバーたちを並べ、あれがいいかな〜これがいいかな〜って。あ〜幸せ。ということで2019年スタートのカバー選びをしました。

 

 

 

サイズを決める

とにかく最初はサイズ選び。エルメス手帳を使い始めた頃は、GT(グローブトロッター)一択だったので、この「サイズ選び」という過程はすっ飛ばしていました。だけどこの数年は、ヴィジョンにしようかな〜GMにしようかな〜をまず考える。

 

優先順位はこのサイズ決めからです。1年間の手帳の使い方を振り返ってみて、これからの1年の使い方を考えて。ここ近年(2019年についても)その辺りは前回までに記録したので今回はなし。

 

 

www.ha-ru.net

 

 

www.ha-ru.net

 

カバー選び

ここからが100%自分だけが楽しい時間です(笑)今年の話をすると、ヴィジョンとGMで悩んでいて、ヴィジョンにするならこれでGMならこれと決めていきました。GMにするなら、ミーティング用にGTをセットしようと思っていて、そうなるとGTはどれにしようかな〜とか。

 

そのため、一軍候補にGT、ヴィジョン、GMとそれぞれのカバーをまず選んでみた。珍しくジップタイプのものは1つしかなかった。(ヴィジョンのゴールド)そして耳付き(ペンホルダー付き)も1つしかなかった。

 

これすごい珍しいんです。基本的にペンホルダーまたはジップっていうのは私の中ではマストです。というのは、バッグの中でとにかく開いてしまうのがすごく嫌。そしてペンホルダー付きについては、エルメス純正のチェーン付きボールペンとの相性というのが抜群に好きだから。

 

色はまぁ、そんなにバリエーションはありません。発色のいい明るい色が素敵なのがエルメスなのですが、私は見ているだけでお腹いっぱい。かわいいな〜素敵だな〜と思っても、自分の「持ち物」にするときにはある程度決まった色になってしまいます。結局挑戦してみたところで、好きな色で落ち着く色に戻ってくるんですよね。だからいろんな色を試し、今の「好き色」に戻ってきました。

 

そのラインナップ(一軍候補)が記事トップの写真です。「あ〜。。。あはは!」という感じです。自分らしいラインナップだな、というこれまた自画自賛。

 

 

2019年のスタートはコレ

GMの1日1ページをスタートに決めたので、今年のカバーはこれからスタートすることにしました。

f:id:mylife-style:20190102235911j:plain

 

トレンチとグリムエットのバイカラーです。今までパスポートケースとして使っていて、なかなか出番も少なかったのですが。どうしてもこのバイカラー(ベージュ×ライトグレー)の組み合わせが好き。

 

素材や仕様でいうと、私の中で突き抜けて好きな「エトゥープ(色)×シェーブル(素材)」っていう殿堂入りの組み合わせがあるのですが、GTのノートカバーをエトゥープにして、名刺入れをエトゥープにしてって揃えていったら、カバンの中身がオール・エトゥープということになったので「手帳は違う色にしてみようかな」と思いました。

 

バッグの中のものを並べてみて(通帳ケースとも同じ色だし)「いいじゃん!」と思ったので今回はこれで。他のエトゥープ小物との相性がまたいいんだよね、トレンチ。だけど耳付きじゃないんですよね。耳付きならエトゥープにしようかなとも考えた。

 

だけど今回は耳なしで大丈夫なんです。なぜかというと、バッグインバッグの内ポケットにちょうどGMサイズだと入るんです。だから開いてしまう心配をしなくていい。

 

ただ1つ、シルバーの(純正)ボールペンをつけられないというのがあるので、もしかしたらこの1年の途中で耳付きに変える可能性もある。そして、ジップタイプのGMサイズは、まだ「これが好きだ〜!」っていうものに出会えていないんです。だからもしどこかで、色とか素材とか「おおおお!!!」っていう縁があったら(エルメスは全て出会いでしかない)ジップタイプにしたいなと思っています。

 

 

カルメンチータで差し色・色遊び

ジップにすると今度はカルメンチータを使わなくなるので、このしおりを使えるのもジップタイプじゃない特性だよね。手帳カバー×カルメンチータでまた好きな組み合わせを作れる。

 

ご紹介した通り、地味色(?)が好きな私は、明るめカラーを持つとソワソワしてしまいます。これ不思議なんだけど、本当に。小物自体はものすごい可愛いのに。色も嫌いじゃないのに。不思議なソワソワ感。だからこういうソワソワカラー(?)はカルメンチータで手帳にセットして楽しみたいと思っています。

 

今回はちょっと深めブルー(ブルーイズミール)と小物だと汚れが気になるので避けがちなオフホワイト(クレ)。このカルメンチータも今年購入というよりは、私の中で定番でちょこちょこ使っていた組み合わせです。

 

 

 

手帳カバー選びをしていて、手持ちのカバーを並べ、やっぱり幸せに浸る。

 

エトゥープ×グリトゥルティエール(トゥルティエールグレー)

 

エトゥープ×ゴールド

 

エトゥープ×トレンチ

 

うん、素敵だ。

 

そして気になるのがグリアスファルト、アルザンあたり。やっぱり似た系統の色が好きなんだよな〜。

 

今年の手帳アイテムは「新しく買いました!」というものはないのですが、非常に満足な形でまとまりました(何度も言いますが自己満足でしかない)。

 

 

ということで、一人手帳会議@カバー選び無事に終了です。

© 2015-2020 ha-ru.