labo. エルメス手帳の使い方

エルメス手帳をこよなく愛し、時々海外ドラママニア。大人らしく、都会で自由に暮らす。エルメス手帳の使い方を日々研究中。

会社を持つということ、仕事をするということ。

f:id:mylife-style:20160908082807j:plain

月末です。そして大きく抱えていたプロジェクトがあと1ヶ月になりました。大きな声じゃ言えないけどトラブル続きで。1年以上準備に時間をかけ、ひがみや横ヤリもあり、何を信じようかと思いながら進めてきた。想像以上に注目されて、外から見たら大成功とは言わずとも間違いなく合格点だろうと思います。

 

だけど内側はもうボロボロ。課題が多いのは仕方ないにしても、私自身のどうこうじゃない場所で問題が起きてその責任が全部私に来るっていう。「もう関係ありません」みたいな顔をされて、まず仕事云々よりも人間的にどうなのよ?みたいなことが多々あります。それなのに。もうこっちはその対応に精一杯なのに。まだ人はこのプロジェクトの継続と拡大を希望する。お金の匂いがするんだろうね。いや、それはよく分かるんです。「お金の匂い」って露骨でいやらしい感じするけど、実際ある。たいして儲かってるわけじゃないのに、私の持っているコンテンツはその「匂い」がするらしい。これはもう昔からそうで、この件に限らずどの案件も雰囲気は同じ。

 

なんでそれが分かるかというと、人が寄ってくるからです。協力するよ、参加したいよ、自分はこんなことができるよ。そう言って近づいてくる。仕事って1人でできることには限りがあるから、人と関わり、企業と関わりで進めていくのは当然のこと。だけどそれにしても世の中えげつない仕事の仕方をする人って多すぎないですかい?(笑)

 

今までって規模がそれほど大きくないから、身内で十分進めることができたけど。今年関わってる仕事って個人レベルにしては大それたプロジェクトで。だからミスるとダメージもでかい。結局責任は経営者である私が取る。自腹を切ろうと、納得いかなかろうと。「責任を取る」ということがどういうことなのか、もう一度考える必要がある時期に来た気がしています。もう身内でワキャワキャやってればいいっていう時期は過ぎたのかな、とか。原点に戻ってみたいな、とか。仕事ってなんだろう、とか。


少なくとも人間不信になりそうになってやることではない。そんな状態でやって、そして責任負わされるぐらいならやらなきゃいい。そんなに私の能力高くないよ(笑)みんなかいかぶりすぎ。そういうのを跳ね除けようとしないで受け入れるあたりが、私の長所でもあり短所でもあるんだろうな。

仕事ってさ、なんだろう。

© 2015-2020 ha-ru.