labo. エルメス手帳の使い方

エルメス手帳をこよなく愛し、時々海外ドラママニア。大人らしく、都会で自由に暮らす。エルメス手帳の使い方を日々研究中。

反省すること、前に進むこと、でも止まりたい時間。

f:id:mylife-style:20160910234838j:plain

つい最近、独立して以来の最大のミスをしました。というよりは、それに気がつかなかっただけかもしれないけど。

 

■立ち止まりたい時に立ち止まるって難しい

1つ1つ大事に進めてきていたはずが、やっぱり振り返ればミスだったんだなと気がつく。 まだ整理しなきゃいけないことが多すぎて、本当は立ち止まりたい。考えたいし。自分の中で消化したいし。だけど世の中ってそんなに優しくないんですよね(笑)おかしいな、と思い始めて周りに助けを求める。そうすると不思議なもので新しいサポーターが見つかる。それでただ穴埋め程度で進めばそれ以上のことってしないのに、そういう時に見つかるサポーターって大体素晴らしい能力の持ち主だったりする。今回はそれが顕著に現れる結果になりそうです。

 

そうなった時、当然次の話も出てくるわけで。またここで私は大きな選択を迫られることになる。反省はしている、そしてその処理に追われ、精一杯の対応をしている。さぁ次に私はどうするべきなのか。やっぱり前に進むべき?進まなきゃならないのかな?とすら思うのに。ちょっとだけ止まらせて欲しいんだけどとか。チャンスの神様はそんなの待ってくれないのも重々わかっているのです。


こんなことを書きながらも、すでに私の中の答えは出ていることにも気がついていて。だいたい物事って人に相談する時点でほぼほぼ自分の答えは見つかっているタイプ。 だからそれと同じ答えを言ってくれて、背中を押してくれる人に相談する、そんなもんなんです。 答えはわかっているけどギリギリまで判断は待つ。 誰にも答えが見つかっていることは言わないけど。 さすがに同じミスを2度することは許されないわけだし。 こういう想いが常に心の中にある。

こんなんでも「会社を経営している」ってカッコよく見えるんだろうか。

羨ましく見えるんだろうか。

最近はみんなそうだから誰も言わないけど、都合が悪くなると言うんだよね(笑)

うーん、独立なら誰でもできるからしてみればいいと思うよ。

いいじゃん、ダメならすぐに元の世界に戻ればいい。

 

私はもう人に雇用されるという社会には戻れません。それは自分のライフスタイルをそこに戻せないっていうのもあるけど、関わっている人がいて、助けてくれる人がいて、頑張ってくれるスッタフがいて。それを全部リセットする勇気がない。同年代の平均よりだいぶいい生活をしていることも自覚しているし、周りを見てもそれが当然という感覚の人が多い。結局自分の価値観で居心地のいい適材適所という場所を選んできているのも事実。

 

もう答えなんて全部出てるけど、だけどちょっとだけ立ち止まりたいな~と今日は思う。でも明日にはそうは思ってないんだろうなぁ(笑)とにかく目の前のことをやるしかないというとても単純な結論です。まーなんとかなってきたから今回もなんとかなると思う。週末だ~!

© 2015-2020 ha-ru.